• ホーム
  • マイアカウント
  • お問い合わせ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

名前

大久保 義文

メモ

お米に関するご質問をお米アドバイザー、お米マイスターの資格をもつ店長がお答えします。


店長日記はこちら

お米アドバイザー、お米マイスター
当店の試食方法
味が際立つブレンド米
玄米
お客様の声
京の料亭・懐石料理のお米
すし処 鮨米
すし処鮨米 出前お品書き
京都で育ったお米 京都米
滋賀で育ったお米 近江米
サイトマップ



京都の米屋
三平屋米穀店
メルマガ登録・解除はこちら

当店のプライベートブランド米

原料にするお米を決めます。
商品の価格帯に応じて、数種類の原料米候補を選び単品で精米し試食します。

原料にするお米の味を確かめます。
先ず単品で試食することにより各お米の特性を把握します。
美味しいブレンド米を作るには単品での食味や特性がわかっ
ていないと作ることは出来ません。
全商品毎回精米毎、ブレンドする毎に試食します。同じ県産
の同じ品種、同じ生産者の場合でも毎回試食します。

精米はぬかの取れ具合を見ながらゆっくり剥いていく精米機
を使っていますので昔ながらの甘みのある良い香りのお米に
仕上げます。

精米してから小米や砕米を篩って落とす網目を2.1ミリにし
ています(通常の米穀店、卸会社は1.8ミリから1.9ミリぐ
らい)ので小米、砕米の混入率が低く、そのお米本来の食感
お楽しみいただけます。
2.3ミリの網を使用しての商品もございますがご家庭用でしたら
2.1ミリで十分だと思います。

白米でブレンドします。
以前は、玄米でブレンドしてから精米していた時期もありましたが、
お米によって精米にむらが出来るため単品で各々のお米の特性にあわ
せ精米して、それからブレンドすることにしています。
もう一つの理由は、玄米でブレンドすると試食して不味かった場合ど
のお米が悪かったのかが正確に判断できないからです。


毎回同じ混じりけなしの銘柄米を召し上がっていて味がおかしいと感
じられたことがありませんか?

これは必ずあることだと思います。現に当店でも同一産地(地域を細かく限定)
の同一銘柄米を毎回精米毎に試食していますが、いつもと違うなと感じるときが
あります。

同一産地でも生産者によっても食味が変わります。生産者が同じでも広大な面積
で作られている場合は田んぼの場所によって食味が変わります。

同じお米だからと試食もせず販売することは米屋としては失格です。
だから当店では、同じお米でも必ず毎回試食するわけです。


白米でブレンドしたお米の試食
単品ごとで試食したお米でブレンド比率を変えたお米を数種類作り食べ比べます。
その結果一番食味が良かったと感じたブレンド米を商品として販売いたします。
どのブレンド比率のお米より単品のほうが美味しかった場合は、単品のまま販売します。

当店のプライベートブランド米は、試食したときにその価格帯でベストの
お米を販売するように、そして、その食味を継続させるように心がけています。